読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紡々是好日

*ギフトお手当*産後ママと育児*日々の氣づき*マインドフルネス*無敵の世界を生きる*

かあちゃんの愛〜母乳育児編〜

母乳で育てたいというのは、女性として、母として当然の想い。
そこに多くの葛藤や嘆きを抱きながら、日々目の前の赤ちゃんと向き合ってる。
そんな妻の想いと、夫である私の想い。どちらも美しく素晴らしい。

f:id:tsumu-tsumu:20170208144857j:plain

 
***********************
 
ある日の話。
今日は1日中起きておっぱい飲んでたからもう出ない。
芽生もグズるし泣くし。
 
ずっと起きてる桃ちゃんに負担をかけないように
お腹が空いて泣いている芽生のため
母乳で足りない分はミルクに頼ってもいいんじゃないかな?
そう言ったのがきっかけ。
 
それによって、彼女の心は傷ついた。
3回も入院したのは、私のせいなんでしょ、私が悪いんでしょ、と。
何もわかってないくせに、と。
たっちゃんに言われた言葉、私一生忘れない、と。
 
桃子のため、芽生のため、そう想って言った私も傷ついた。
2人のことを考えて、俺だって父親なのに、そう想って悲しくなった。
それはエゴじゃないの?と厳しい言葉も言ってしまった。
 
いてもたってもいられず外に出る。頭を冷やす。
翌朝、からだが怠かった。気持ちも沈み起きたくなった。
 
でも、朝ごはんの準備、オムツの洗濯、掃除、2人のことを考えたら身体が動いた。
その後で、彼女の方から話してくれた。
 
3回も黄疸が出て入院したのは私のせいだと、ずっと自分を責めていた。
あの日ミルクをあげなかったから…あの日母乳が出なかったから…私のせいだと。
あれは良くなかったのかな、あれが悪かったのかなと、葛藤していた。
そんな風に自分を責め続け、ずっと焦っていた、つらかった。
冷静じゃなくなってたから、母乳足そうって言ってもらえてよかったの。
傷つけること言ってごめんなさい。
 
そう告白してくれた。
 
ずっとつらかったんだね。
自分のせいにしちゃってたんだね。
気づいてあげられなくてごめんね。
分かってあげられなくてごめんね。
傷つけてごめんね。
 
**********************
 
相手のためを想って言った言葉が相手を傷つける。
”相手のため”は本当か?自分の判断基準の中での”相手のため”?
それは本当に”相手のため”か?
つらくなってほしくない。悩んでほしくない。
それは相手のことを想う、私の美しい想い。
それでも、時には相手を傷つける。
 
相手のことを想うなら、まず相手の気持ちに寄り添うこと。
分からなければ、今どんな気持ちなのか聞くこと。
頭では分かっている。
想いが強いほど、つながりが深いほど
心と感情が先をいってしまう。
近づき離れ、互いを認め、愛を深める。
また一つ、大きな学び。
 
 
相手を想って言った言葉なのに、それを否定されて悲しかった時。
自分は必要とされてないんじゃないかと思ってつらかった時。
 
そんな時、私は、ただただその感情に寄り添うこと。
それでも『あなたの想いは美しく素敵な想いだったよ』と寄り添うこと。
それが、私への愛であり、相手への愛であり、宇宙全体への愛でもある。
私の心の平和が、宇宙に広がっていくのだから。
 
上杉家は今日も平和です。

鬼もうち。調和へと向かう世界。

今日は節分。お馴染みの『鬼は〜そと〜、福はうち〜』

実はこれ、南から侵略しにやって来た民族(天皇家)が、もともと日本に住んでた先住民族倭人)を追い払うための呪術的な言霊なんですって。

『日本』とは侵略してきた人たちが後につけた名前で、『大倭-ヤマト-』とは先に住んでた大和民族の名前。だから全く別物。

侵略してきた民族が大和民族を追放するため、季節の変わり目である節分の日に、この言葉を使って度々封じ込めていた、ということみたいです。

もともと住んでいた大倭は、争いを好まず和を以て貴しとなす、そんな民族だったみたいです。歴史の裏を知ると、私たちはなんて酷いことをご先祖様(大倭)にしていたんだ!って思いますね・・・。

それと別に侵略者が悪い訳でもなくて、それで子孫が受け継がれ文化が発展して、結果的に今私たちが生きている。そう捉えれば何も悪くないと思うんです。

 

そもそもなんで鬼は悪いみたいな構図になってるんですかね?鬼さん何したんですかね?もともと鬼も神様なのに、かわいそう。

 

それで言うと日本人なら誰でも知ってる『桃太郎』

f:id:tsumu-tsumu:20170203180845p:plain

ボクのお父さんは、桃太郎というやつに殺されました」と書かれたこの絵は、日本新聞協会広告委員会が「しあわせ」をテーマにし最優秀賞に輝いた「めでたし、めでたし?」という作品。

 

桃太郎は鬼を退治して幸せになったかもしれないけど、残された鬼やその家族はどうなっただろう・・・。なんかハッとしますね。桃太郎=正義、鬼=悪という構造にすることで、物事を単純し、そこに競争や対立を生ませる。これが、今の世の中の最たる原理。

物事は『面』ではなく『球』のようなもので、見る角度によって捉え方が全く変わってくる。その時代背景や環境、一瞬一瞬、個人の感覚や感情によって、その時の『正しさ』というものは変わってくる。この世に絶対悪というものは存在しない。あるとすれば、それは私たちが生きていく中で知らず知らずのうちに作り上げてしまった、その時々での固定観念だ。

 

この根底にある原因が、『分ける』という行為。分けることで、対立や孤立を生む。

そこに善悪をつけることで、憎しみや争いが生まれる。

 

分別のない世界。

良いも悪いもない世界。

善と悪を超えた世界。

 

あなたと私、違うけど同じ。

水も土も、宇宙のあらゆる生命は同じものから出来ていて、

一粒のお米の中に、全てのつながりと宇宙を感じて、

呼吸をするたび、自然と繋がり与えられていることを感じる。

 

最近では、子どもたちのお遊戯で桃太郎をする時に、さいご桃太郎と鬼が許し合って仲直りして終わるっていうオチもあるみたい。なんて素敵なエンディング。今の子どもたちは、大人よりも魂レベルがずっと上なんだろうな。

 

これからは『福はうち、鬼もうち』

鬼も福も手を取り合って仲良くしましょ♪

世界は愛と調和へ向かっているね。

 

住所不定無職、パパになる。

1月26日、18時38分
 
我が家に家族が増えました
3555gのおおきくて元気な女の子
 
たくさんのご縁と出逢い、笑顔や感動が芽生えるように
喜びも悲しみも味わって、優しい愛が芽生えるように
 
芽生~めい~と名付けました
 
お空の上からずっと見ていてくれて
ベストタイミングでお腹の中にきてくれて
十月十日の間、私たちにたくさんの愛をくれて
 
お母さんと一緒に痛みを乗り越えて
この世に生まれてきてくれました
 
すべてに絶望して、先が見えなかったあの頃
離れてしまった私たちの心を再びつないでくれた
 
誰かのために何かになろうとしていたあの頃
ありのままの自分を愛することを教えてくれた
 
何もしないことを大切にしていた今日この頃
 
世界平和は、家族平和と母の幸せから
私の幸せが、みんなを幸せにする
そんな原点に戻れた今
 
一瞬一瞬を全力で生きる彼女を見て
自分の命を使いお乳をやる妻を見て
 
負けてられないなって、なんだかワクワクして
一人の人として、男として、父として
ワクワクする生き方を、生き様を
言葉じゃなくて、背中で語れる人になろうと思いました
 
決まった家もまだなく、仕事もしてなくて
まぁなんと大変なおうちに生まれてきてくれました
これから何があっても大丈夫な気がします
 
とうちゃん、がんばるね
 
そしてこれまで
たくさんの愛を与えてくれた家族やご先祖様
共に笑い全力でバカできる大好きなみんな
私たちを成長させ見守り支えてくれた皆さま
 
本当にありがとうございました
 
みんなからの愛をこの子に注ぎまくって
笑いの絶えない幸せな家庭を築いていきます
 
みんなの天使、上杉芽生ちゃんを
たくさん愛してあげてください♡
これからも家族共々よろしくお願いします
 

f:id:tsumu-tsumu:20170202182215j:plain

 
上杉龍矢