読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紡々是好日

*ギフトお手当*産後ママと育児*日々の氣づき*マインドフルネス*無敵の世界を生きる*

"doing"から"being"へ 〜ありのままの“わたし”を生きるというギフト〜

2017.2.15(sat)

大阪で行われた、とあるイベントに参加しました。

その名も『Give give GIFT フェスティバル』

 

f:id:tsumu-tsumu:20170301192150j:plain

ほぼ初対面であったにも関わらず、はじめましてな感じは一切なく、

長年連れ添った仲のような、居心地の良さを感じた。

 

一人一人の存在とその表現によって、見事に調和した空間が生まれた。

喜びや嘆きを分かち合い、“ありのまま”を感じ合った。

 

みんなキラキラしていた。命が輝いていた。

ただただ幸せで、私が“わたし”でいることを実感した日だった。

 

 

 

イベントの趣旨でもある、“ギブ&ギブ=being”

・・・知らないキーワードになんじゃそりゃって感じですか?

このイベントを通して、僕なりの見解を綴りますね。

これからの未来のヒントが詰まってます(自画自賛)笑

 

ギブ&テイクとは

 ギブ&テイクとは、与えること(give)に対して対価を受け取る(take)

つまりお互いに交換し合うこと。

 

お店に行けば、あれだけお金を払ったから、これくらいのサービス。とか

人間関係だと、あれだけしてもらったから、これだけお返ししよう。とか

 

私たちは日常生活の中で、暗黙的にそれ相応の価値を交換し合う。

 

サービスやモノに対して報酬があり、それがあるから経済は成り立っているし

それが真摯な気持ちで、相手のことを想って行う行為ならとても素晴らしいことだ。

 

でも日常生活では、そうはいかないこともある。

あれだけしてもらったからこれくらいは返さなきゃな…とか

逆に、あれだけしてしてあげたのに、これくらいしか返ってこないの?とか

 

一歩間違えると、自分が思っていた見返りが返ってこなかった時に『あれ?』

ってなって、それが関係性を崩すことにもなりかねない。

 

『〜したんだから、何かしてくださいね』という“価値を交換する”思考が

当たり前になってしまっている。

 

 

ギブ&テイクからギブ&ギブへ

続きを読む

話を聴いてもらったよ

久しぶりの東京〜

僕のヴィジョンを聴いてください!とFacebookで呼びかけたところ
7人の方に声をかけて頂き、うち5人に話を聴いてもらえました。
前々日でもこうして声をかけて頂ける方がいて
『なるようになっているな〜』と心から感謝。
 
聴いてくださいとか言っといて、実は何も話す内容考えてませんでした。
 
というか考えないようにしてました。
頭で考えるのでなく、心から湧いてくる想いを一つ一つ紡いで。
肚から出てくる想いを確かめながら言葉にしました。
 
聴いてもらった話は、”これまでのこと” と ”これからのこと”
去年おととしで体験し気づいたこと、目まぐるしく変化した思考や感情を
ようやく整理できてきたので、アウトプットとシェアリング。
 
f:id:tsumu-tsumu:20170222002611j:plain
 
 

f:id:tsumu-tsumu:20170222002535j:plain

 

 

f:id:tsumu-tsumu:20170222002523j:plain

 

 

f:id:tsumu-tsumu:20170222002559j:plain

 

 

f:id:tsumu-tsumu:20170222002605j:plain

 
私が”わたし”になるために与えられた体験。
それは魂が求めていたことで、誰かを救う道しるべにもなるだと。
立ち止まり振り返ることで再確認できました。
 
そこから見えてきた”わたし”の使命と在り方。

 

家族平和、世界平和、お母さん整体、パパ塾、在るがまま、“わたし”に還る、共感コミュニケーション、マインドフルネス、ドネーション、ギフト、

 

そんな言葉がキーワードです。

 

聴いてくれたみんな。

ありがとう!!!!!!

”家族の愛”を紡ぐという使命

お母さんのための整体院を開きたい。
きっとそれは自然なことだったと思う。
 
日本や世界を旅する中で見てきた、家族の愛の物語。
太陽のような存在だった母への尊敬と感謝の念。
 
家族平和が、世界平和へとつながる。
お母さんの幸せが、子どもたちの未来を育む。
そのためにお母さんを支えていこう。
そんな想いが生まれた。
 
開業してからは、自分を見つめ直す機会が幾度も訪れた。
 
自分を信じることができなくなり、やってることへの疑念が生まれた。
何度も迷い、誰のため、何のために、何がしたいのか分からなくなった。
仕事も家族関係も、うまくいかないことばかりだった。
 
すべてを一回止めることにした。
何もしないということをしてみることにした。
 
もがきながらも、私は私のルーツにたどり着いた。
過去に両親に対して消化しきれなかった感情が溢れ出た。
 
もっと愛されたかった。もっと認められたかった。
寂しかった。悲しかった。我慢していた。
そんな感情を塞ぎ込み、私は早く大人になろうとしていた。
親のために、いい子になろうとしていた。
 
私はそんな過去の自分がいたことに初めて気づいた。
そしてようやく、その気持ちに寄り添ってあげることができた。
過去の自分を抱きしめてあげることができた。
私は”わたし”になれたのだ。
 
そして私は、父になった。
出産に立ち会った時、
命を産み出す母の姿が美しく見えて仕方がなかった。
そして命をかけた妻と我が子に感動して涙が溢れた。
命の力強さとその輝きに感動した。
 
今、再び原点に戻る。
純粋な気持ちで、素直な気持ちで、私の心の声を聴く。
私はいま何がしたいのか、魂が喜ぶことは何なのか。
 
テーマはやっぱり、”家族の愛”だった。
 
私はきっと、いろんな家族の物語を観るのが好きなのだ。
”お母さん”という存在が元気でいてくれることが嬉しいのだ。
 
わたしがお母さんを支えていきたいのは
誰かのためとか世界平和のためとかじゃなく
私のため、私の喜びと幸せのため。
 
お母さんの幸せは、
家庭の団欒を生み、
子供の未来を育み、
世界を平和にする。
 
改めてそう確信した今日この頃。
 
そして何より、今この瞬間の幸せを噛みしめ、
最大級の愛と感謝を、妻と子へ送る。
私の家族の愛を育むことが、世界平和への第一歩。
 

f:id:tsumu-tsumu:20170216010932j:plain

父とのカルマ〜私のルーツを知る〜

私の父
 
父はバカがつくほど真面目で、責任感が強く、誰よりも人のことを想う人。
自分を犠牲にしてまで仕事するから、よく生気を失っている。
それでも仕事は一切妥協を許さず、そのため会社では摩擦も多い。
外食よりも母の手料理が好きで、服とかオシャレもこだわりがない。
家族が幸せに暮らし、兄弟三人とも大学まで卒業させてくれた偉大な人。
一人の人として、私は父を尊敬している。
 
松本に引っ越してくる前、父とよく喧嘩した。
お互いの考えや想い、生き方の違いがぶつかった。
 
仕事、家、お金、安定した暮らし。社会的、一般的、普通は…。
そんな言葉が父の口癖だ。
 
父はきっと私のことを想い、私の幸せを願って言ってくれた。
男として、一家の主として家族を養っていく責任。
父は父としての考えと想いを全力で伝えてくれた。
私も自分も歩む道を一歩も譲らなかった。
 
お互い譲らず、話し合いが激化した時に
『お前みたいに社会に出て人の役に立てない人間はダメな奴だ!』と言われ、
本心ではないにしろ、その言葉を聞いた瞬間”私”という存在自体を否定された気がして、
とても悲しくなった。苦しくなった。泣いて家を飛び出した。
 
それでも、私は私のやりたいことをやろうと思った。
自分の信念に嘘をついたら死んでるのと一緒だと思った。
 
そんな思いで、松本に移住してきた。
 
早く自分の事業を始めたい。
早く自分の目指す未来に近づきたい。
 
旅から帰ってきたばかりでお金もあまりなかったから
はじめは就職することが親の条件だった。
 
就職したが、やりがいは見出せなかった。
定期的な収入は入るが、なにも嬉しくなかった。
むしろ、自分の魂を削り、どんどん自分を失っていった。
私は半年で仕事を辞めた。
 
自分の想いとやりたいことに反していることはしたくなかった。
そうしてしまったら自分に嘘をついたダメな奴だと思った。
 
晴れて自分の整体院に本腰を入れれると思った。
はじめは自分でチラシやホームページを作ってみたり、
いろんなイベントに出店して頑張っていた。
 
いろんな手技療法も学んだ。
これをやれば繁盛するって集客法もリピート法も勉強した。
やってみたり作ってみたけど、どれもしっくりこなかった。
 
一番大事な魂が込もってなかった。
大切な心はどこかに忘れていた。
 
やりたかったはずの整体院。
楽しかったけど、どこか無理してた。
楽しくないって思ったらダメだと思った。
 
つらくても、弱音を吐けなかった。
弱音を吐いたらダメだと思った。
 
不安と焦りを感じでも、誰にも相談できなかった。
不安とか焦ってる自分がダメだと思った。
 
つらい、悲しい、不安、楽しくない、幸せと思えない
そんなことを思う自分を全部否定してた。
何もしてない自分を許すことができなかった。
 
そんな風に思ったら最低だって自分を責めた。
ダメな自分は全部許せなかった。
 
それでも頑張って続けてきた。
世界平和のために女性を支えることが、自分の使命。
それをできることが自分の喜びであり、やりがいであると信じ続けて。
がむしゃらに進み、もがきながらも時は過ぎた。
 
精神的にも体力的にも追い詰められた私は、無気力になり何もできなくなった。
何もしない時間の中でいろんな思いが駆け巡った。ふとした時に、私は気がついた。
 
私は、父に認めてもらうに頑張っていたんだ、と。
 
院を始めてから来てくれる人に感謝する一方で
もっと多くと、今の現状に全然満足できなかった。
 
家族がいて、家があって、食べるものがあって、温かい布団で寝れる。
そんな幸せな日々を、私は感じることができなかった。
 
それはきっと、父に認めてもらいたかったからだったんだ。
独立しても安定した収入を得ています。社会に貢献しています。
そんな父の求める”立派な人間”になり、認めてもらうために。
 
私は誰かのために、何か別の存在になろうとしていた。
ありのままの自分を否定し、ありのままの私を愛することができなくなっていた。
 
ワクワクしていたことが、がんじがらめになっていた。
自分のしたいことが、認めてもらうためになっていた。
目的が、”私の幸せ”ではなく、”父の承認”になっていた。
”使命”が”義務”になっていた。
 
そしてその後、ある人に言われた言葉がある。
あなたはね、本当はお父さんがやりたかったことをするために生まれてきたんだよ。
だから、あなたが夢を叶えることが、お父さんの夢を叶えることでもあるの。
あなたがやりたいことをすることが、お父さんの魂を癒すことでもあるの。
そしてそれは、お母さんやお兄さん、ご先祖様のためでもあるんだよ。
 
そう言われた時に、私は心から救われた気がした。涙が止まらなかった。
閉ざしていた感情が溢れ出た。私は私の人生を歩んでいいんだと。
 
何かわからなかった葛藤は、父への想いから生まれたものだったんだ。
自分の人生への想いのせいで、親を悲しませている気がして辛かった。
かといって親を安心させるために、自分の意志を尊重しないことも辛かった。
 
私はただ、愛する家族に幸せになってほしかっただけだったんだ。
そんな私の美しい想いに気付けて、私は私を許すことができた。
ダメだった自分を受け入れ、私はありのままの自分を愛することができた。
 
その時父に言われた言葉を再び思い出た。
父は心の底から私の幸せを願ってくれているんだと。
頭で理解するのではなく、心で感じることができた。
 
 
 
苦しみも、悲しみも、怒りも、嘆きも
すべては愛から生まれるものだった。
 
どんな感情も美しく、かけがえのない私の一部。
ぜんぶ大切な私の想い。すべて私だった。
 
母に、あんた落ち込んだ時お父さんにそっくりね〜って言われた。
不本意だけど、笑ってしまった。
そんな所も含めて、自分の信念を絶対に曲げない所とか、
自分に厳しい所とか、ばか正直な所とか似たんだと思う。
 
父の想い、言葉の奥にある深い意味は、私には計り知れない。
ただ、生きてる時代が違うだけで、根っこの部分は一緒なんだと思う。
 
私も家庭を持ち父になり、また多くの気づきと学びを得るだろう。
父の、あの時あの言葉の意味が、少しづつ理解できるようになれればいいな。
 
父と正直に話ができたことで、私は”私という存在”をより知ることができた。
世代を継ぐことで許し手放し、魂は癒され浄化していくのだろう。
私のルーツを知ることで、私の使命を知る。
 
今日はそんな家族のお話でした。
貴方たちのもとに生まれることができて、私は世界一の幸せ者です。
いつもたくさんの愛をありがとう。心からありがとう。
 

f:id:tsumu-tsumu:20170211122923j:plain

かあちゃんの愛〜母乳育児編〜

母乳で育てたいというのは、女性として、母として当然の想い。
そこに多くの葛藤や嘆きを抱きながら、日々目の前の赤ちゃんと向き合ってる。
そんな妻の想いと、夫である私の想い。どちらも美しく素晴らしい。

f:id:tsumu-tsumu:20170208144857j:plain

 
***********************
 
ある日の話。
今日は1日中起きておっぱい飲んでたからもう出ない。
芽生もグズるし泣くし。
 
ずっと起きてる桃ちゃんに負担をかけないように
お腹が空いて泣いている芽生のため
母乳で足りない分はミルクに頼ってもいいんじゃないかな?
そう言ったのがきっかけ。
 
それによって、彼女の心は傷ついた。
3回も入院したのは、私のせいなんでしょ、私が悪いんでしょ、と。
何もわかってないくせに、と。
たっちゃんに言われた言葉、私一生忘れない、と。
 
桃子のため、芽生のため、そう想って言った私も傷ついた。
2人のことを考えて、俺だって父親なのに、そう想って悲しくなった。
それはエゴじゃないの?と厳しい言葉も言ってしまった。
 
いてもたってもいられず外に出る。頭を冷やす。
翌朝、からだが怠かった。気持ちも沈み起きたくなった。
 
でも、朝ごはんの準備、オムツの洗濯、掃除、2人のことを考えたら身体が動いた。
その後で、彼女の方から話してくれた。
 
3回も黄疸が出て入院したのは私のせいだと、ずっと自分を責めていた。
あの日ミルクをあげなかったから…あの日母乳が出なかったから…私のせいだと。
あれは良くなかったのかな、あれが悪かったのかなと、葛藤していた。
そんな風に自分を責め続け、ずっと焦っていた、つらかった。
冷静じゃなくなってたから、母乳足そうって言ってもらえてよかったの。
傷つけること言ってごめんなさい。
 
そう告白してくれた。
 
ずっとつらかったんだね。
自分のせいにしちゃってたんだね。
気づいてあげられなくてごめんね。
分かってあげられなくてごめんね。
傷つけてごめんね。
 
**********************
 
相手のためを想って言った言葉が相手を傷つける。
”相手のため”は本当か?自分の判断基準の中での”相手のため”?
それは本当に”相手のため”か?
つらくなってほしくない。悩んでほしくない。
それは相手のことを想う、私の美しい想い。
それでも、時には相手を傷つける。
 
相手のことを想うなら、まず相手の気持ちに寄り添うこと。
分からなければ、今どんな気持ちなのか聞くこと。
頭では分かっている。
想いが強いほど、つながりが深いほど
心と感情が先をいってしまう。
近づき離れ、互いを認め、愛を深める。
また一つ、大きな学び。
 
 
相手を想って言った言葉なのに、それを否定されて悲しかった時。
自分は必要とされてないんじゃないかと思ってつらかった時。
 
そんな時、私は、ただただその感情に寄り添うこと。
それでも『あなたの想いは美しく素敵な想いだったよ』と寄り添うこと。
それが、私への愛であり、相手への愛であり、宇宙全体への愛でもある。
私の心の平和が、宇宙に広がっていくのだから。
 
上杉家は今日も平和です。

鬼もうち。調和へと向かう世界。

今日は節分。お馴染みの『鬼は〜そと〜、福はうち〜』

実はこれ、南から侵略しにやって来た民族(天皇家)が、もともと日本に住んでた先住民族倭人)を追い払うための呪術的な言霊なんですって。

『日本』とは侵略してきた人たちが後につけた名前で、『大倭-ヤマト-』とは先に住んでた大和民族の名前。だから全く別物。

侵略してきた民族が大和民族を追放するため、季節の変わり目である節分の日に、この言葉を使って度々封じ込めていた、ということみたいです。

もともと住んでいた大倭は、争いを好まず和を以て貴しとなす、そんな民族だったみたいです。歴史の裏を知ると、私たちはなんて酷いことをご先祖様(大倭)にしていたんだ!って思いますね・・・。

それと別に侵略者が悪い訳でもなくて、それで子孫が受け継がれ文化が発展して、結果的に今私たちが生きている。そう捉えれば何も悪くないと思うんです。

 

そもそもなんで鬼は悪いみたいな構図になってるんですかね?鬼さん何したんですかね?もともと鬼も神様なのに、かわいそう。

 

それで言うと日本人なら誰でも知ってる『桃太郎』

f:id:tsumu-tsumu:20170203180845p:plain

ボクのお父さんは、桃太郎というやつに殺されました」と書かれたこの絵は、日本新聞協会広告委員会が「しあわせ」をテーマにし最優秀賞に輝いた「めでたし、めでたし?」という作品。

 

桃太郎は鬼を退治して幸せになったかもしれないけど、残された鬼やその家族はどうなっただろう・・・。なんかハッとしますね。桃太郎=正義、鬼=悪という構造にすることで、物事を単純し、そこに競争や対立を生ませる。これが、今の世の中の最たる原理。

物事は『面』ではなく『球』のようなもので、見る角度によって捉え方が全く変わってくる。その時代背景や環境、一瞬一瞬、個人の感覚や感情によって、その時の『正しさ』というものは変わってくる。この世に絶対悪というものは存在しない。あるとすれば、それは私たちが生きていく中で知らず知らずのうちに作り上げてしまった、その時々での固定観念だ。

 

この根底にある原因が、『分ける』という行為。分けることで、対立や孤立を生む。

そこに善悪をつけることで、憎しみや争いが生まれる。

 

分別のない世界。

良いも悪いもない世界。

善と悪を超えた世界。

 

あなたと私、違うけど同じ。

水も土も、宇宙のあらゆる生命は同じものから出来ていて、

一粒のお米の中に、全てのつながりと宇宙を感じて、

呼吸をするたび、自然と繋がり与えられていることを感じる。

 

最近では、子どもたちのお遊戯で桃太郎をする時に、さいご桃太郎と鬼が許し合って仲直りして終わるっていうオチもあるみたい。なんて素敵なエンディング。今の子どもたちは、大人よりも魂レベルがずっと上なんだろうな。

 

これからは『福はうち、鬼もうち』

鬼も福も手を取り合って仲良くしましょ♪

世界は愛と調和へ向かっているね。

 

住所不定無職、パパになる。

1月26日、18時38分
 
我が家に家族が増えました
3555gのおおきくて元気な女の子
 
たくさんのご縁と出逢い、笑顔や感動が芽生えるように
喜びも悲しみも味わって、優しい愛が芽生えるように
 
芽生~めい~と名付けました
 
お空の上からずっと見ていてくれて
ベストタイミングでお腹の中にきてくれて
十月十日の間、私たちにたくさんの愛をくれて
 
お母さんと一緒に痛みを乗り越えて
この世に生まれてきてくれました
 
すべてに絶望して、先が見えなかったあの頃
離れてしまった私たちの心を再びつないでくれた
 
誰かのために何かになろうとしていたあの頃
ありのままの自分を愛することを教えてくれた
 
何もしないことを大切にしていた今日この頃
 
世界平和は、家族平和と母の幸せから
私の幸せが、みんなを幸せにする
そんな原点に戻れた今
 
一瞬一瞬を全力で生きる彼女を見て
自分の命を使いお乳をやる妻を見て
 
負けてられないなって、なんだかワクワクして
一人の人として、男として、父として
ワクワクする生き方を、生き様を
言葉じゃなくて、背中で語れる人になろうと思いました
 
決まった家もまだなく、仕事もしてなくて
まぁなんと大変なおうちに生まれてきてくれました
これから何があっても大丈夫な気がします
 
とうちゃん、がんばるね
 
そしてこれまで
たくさんの愛を与えてくれた家族やご先祖様
共に笑い全力でバカできる大好きなみんな
私たちを成長させ見守り支えてくれた皆さま
 
本当にありがとうございました
 
みんなからの愛をこの子に注ぎまくって
笑いの絶えない幸せな家庭を築いていきます
 
みんなの天使、上杉芽生ちゃんを
たくさん愛してあげてください♡
これからも家族共々よろしくお願いします
 

f:id:tsumu-tsumu:20170202182215j:plain

 
上杉龍矢