読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紡々是好日

*ギフトお手当*産後ママと育児*日々の氣づき*マインドフルネス*無敵の世界を生きる*

産後2ヶ月のパパの行動を、ママは忘れない・・・。(パパ必見)

男性諸君、知ってました?
赤ちゃんの子守ってめっちゃ疲れるんですよ。
僕は泣いてたら30分が限界。
 
すぐ「かあちゃんまだかな〜」ってなっちゃいます。
泣きすぎるとアタフタしちゃいます。
 
そんな芽生ちゃんも可愛いんだけどね。
それと疲れは別でね。
 
それを日本のお母さんは24時間付きっきりでやってるからマジですごい。
夜も3時間おきに起きて授乳、常に目を離さず赤ちゃんのことを一番に想ってる。
尊敬しかないです、ほんとに。
男だったら耐えられないと思う。
 
うちの奥様はとってもがんばってくれてます。
妻が芽生ちゃんのママでよかったな〜って思います。
ほんと感謝しかないです。
 
だから、日本のパパさんたち。
家に帰って「今日何してたの?」とか言っちゃダメ。
「おっぱいあげてるだけじゃないの?」とか言っちゃダメ。
 
マジでダメ。
 
産後の女性はオキシトシンというホルモンの影響で感情の振り幅がすごいんですよ。
特に産後2ヶ月はその変化がめちゃ激しいんです。
 
少し良い方に振れれば「すごい幸せ!」ってなるし、
少し悪い方に振れれば「マジ最悪・・・」ってなる。
 
だから全国のパパさん。
この産後2ヶ月間が、今後の夫婦生活を左右する大事な時期ですよ。
 
ここで奥様や子どものためにお手伝いをしたり気遣いをすれば、「なんて素敵な人、私も落ち着いたら旦那様をサポートしなくっちゃ。」となり、家族のために何にもしないで、ねぎらいの言葉とかもないと、「なんやこいつ、マジでサイアク、仕事もプライベートも応援する気なくなるわ。」ってなっちゃうみたいです。
 
振り幅が大きいからね、”ちょっと”だけでいいんですよ。
 
ちょっと手伝ったり。
ちょっとご飯を作ったり。
ちょっとねぎらいの言葉をかけたり。
 
ちょっと頑張るか頑張らないかによって、奥様が旦那に抱くイメージが全然変わってきちゃいます。この頑張りによって、奥様の今後の待遇が決まると言っても過言ではありません。
 
ここで頑張れば、パパは仕事やプライベートで何かあった時、奥様は絶対力になってくれます。奥様ほど頼もしい応援者は他にはいません。
 
もちろん家族のために遅くまでお仕事頑張ってるパパもたくさんいますよね。
それもめちゃめちゃ尊敬します。
それを認めることができるママもほんと素敵だと思います。
 
大事なのは、お互いへの「思いやり」だと思います。
 

f:id:tsumu-tsumu:20170320204422j:plain

ちなみに僕は今のところ高得点みたいです♪♪♪やったね